C病棟の紹介

C病棟の紹介

C病棟師長

C病棟師長兼看護部副部長
稲葉まり子

C病棟は、高齢者ケア病棟とストレスケア病棟の混合病棟です。個別性を大切にし、個々に合わせた声掛けや対応をしています。高齢者ケア病棟では、昨年度よりカンフォータブルケアを導入し、認知症患者が心地よいと感じる刺激を提供することで、精神症状に対して幅広いケアを提供しています。ストレスケア病棟では、快適な環境を提供できるように環境調整など、きめ細かな対応をしています。変化の少ない入院生活の中で、季節を感じることができるイベントやレクリエーション活動を作業療法で毎日行っています。
入院生活の中でその人がその人らしく安心して療養生活を送れるようご本人、ご家族と共に医師、看護師、精神保健福祉士、作業療法士など多くの医療従事者が協働して患者さんの笑顔が見られる看護を提供しています。

C病棟の様子

看護部トップに戻る