A病棟の紹介

A病棟の紹介

A病棟師長 若林英俊

A病棟は急性期病棟であるため、入院時から退院後の生活を意識し、その人らしい生活を送ることができるよう、患者さんやご家族を含め多くの医療従事者が協働し社会復帰を支援しています。
入院後は薬物療法の他、心理教育や作業療法などの心理社会的な治療や退院前訪問、社会資源を含めた環境調整など個々に合った支援を充実させ、自立と社会復帰を目指し積極的な取り組みを展開しています。また固定チームナーシングの活性化を図りながら質の高い看護はもちろん、行動制限を最小限にするよう積極的に取り組み、研究発表及び実践報告会に参画するなど、精神科看護全体の資質の向上も努めています。
若手からベテランスタッフがお互いの意見を言える雰囲気があるため、患者さんの為にすぐに行動に移していける活気ある病棟です。

A病棟の様子

看護部トップに戻る