社会復帰生活支援部

社会復帰生活支援部の紹介

社会復帰生活支援部には作業療法室とデイケア室があります。
「患者様一人ひとりの自主性を大切にした支援を実施します」を理念とし、入院中は作業療法、退院後はデイケアへと切れ目のない社会復帰に向けた支援を実施しています。
スタッフは作業療法士、看護師、精神保健福祉士・栄養士。グループホーム世話人、助手の12名です。其々、理念である患者様の「自主性」を尊重し、寄り添うこと大切にした、個々の専門性を活かした支援が実施できるよう日々努力しています。

精神科作業療法

精神科作業療法とは

精神疾患により生活に障害をもった方々に対し、具体的・現実的な作業活動(遊び、創作的なものから日常生活に関連するものまで)を通して、社会生活機能の改善を目指します。

当院の作業療法室紹介

当院の作業慮法は、各階に担当作業療法士が入り、集団プログラムを中心に、小集団プログラム、個別プログラムを実施しています。各階ごと作業療法の目標を立て、その目標に向けて患者様に支援をしていきます。作業を通し、人との関わり方や余暇活動の利用方法、退院に向けてなど、患者様の興味や能力に合わせ、担当作業療法士と一緒に行います。また、日々、安心した場の提供ができるよう心がけ実施しています。

精神科作業療法

活動内容

創作
塗り絵や、秋の文化展・福祉展に向けての作品作りなどを行います。個人での作業(編み物・貼り絵・ビーズアート等)や集団で協力して行う作業などがあります。

レクリエーション
集団での活動として、風船バレー、ゴルフゲーム、サッカーゲームなど、大人数で行うゲームを中心に行なっています。気分転換やストレスの発散を目的に実施しています。

エアロビ
椅子に座り、馴染みのある曲に合わせ、全身運動を行います。懐メロばかりでなく、アイドルの曲も人気です。

個別プログラム
個々の希望や意見に沿った活動の提供、また、集団に馴染めない方、集団が苦手な方が利用する場になっています。その他にも、作業を行いながら、今、抱えている悩みや、今後の生活や退院について作業療法士と一緒に考える場にもなっています。

ステップアップクラス(SST)
社会で生活するために必要な「対人コミュニケーション」をはじめ「負荷に対する処理技能」等を少人数グループで講義と実践を交えながら取り組んでいます。1つ1つの工程を丁寧に学習・復習していくことで、実際の場における成功体験を目指しています。

その他
毎年、桜が見頃になると、近くの公園やスポーツ公園にお花見バス散歩に出かけます。また、秋には、文化祭に作品を出展し、見学にも行きます。

☆作業療法や、プログラムの詳しい内容については、作業療法室までお尋ねください!

デイケア・ショートケア

小さな一歩から始めてみませんか?

デイケアは、病気の治療をしながら社会で生活していくための手助け・支援を行うことを目的としています。
デイケアでは集団活動を通じて、生活リズム作り・仲間作り・仕事に向けての準備など、上手なコミュニケーションの取り方や社会生活の送り方を身につけていきます。

こんな方にデイケア利用をおすすめします

  • 日中、家でゴロゴロしてしまう。
  • 居場所がない。
  • 友達が少ない。
  • 仕事をしたいけど、自信がない。

こんなスタッフがあなたを支えます

  • 看護師
  • 作業療法士
  • 精神保健福祉士

開所日時

月曜日~金曜日/9:30~15:30

まずは見学(体験)から始めてみませんか?
見学(体験)はいつでも受け付けています。お気軽にお問い合わせください。