リワーク(復職プログラム)

大富士リワークキャンパス

うつのリワークデイ・ケア「大富士リワークキャンパス」

大富士リワークキャンパス(ORC)は、復職・就職に向けてのサポートを行います。職場復帰のためには生活リズムの改善と、ストレスとの上手な付き合い方を身に付けて頂くことが必要です。当院では、専門的な知識と技術を備えたスタッフによる、認知行動療法・アンガ―マネジメント(怒りのコントロール)・社会生活技能訓練(SST)・自律訓練法などの充実したプログラムを提供しています。
通勤するようにORCに通って、私達と一緒に、今までと少しだけ違った自分を目指してみませんか…。

(プログラムの一例)

午前 栄養指導 畑・園芸 SST ヨガ うつ病について(講義)
午後 運動プログラム アンガーマネジメント 太極拳
自律訓練法
就労プログラム 認知行動療法

対象となる方

  • うつ病の診断を受けている方
  • 現在、休職中または失業1年未満で、復職・就職を希望している方

期間/方法

リワーク(復職プログラム)イメージ期間は最短3カ月~最長6か月で、個人の成熟度や、本人・職場の希望にて個人差があります。集団でのプログラムが原則で、下記の3段階のステップに分かれています。

1. 導入期
最初は月・水・金の週3日参加からスタートし、生活リズムの獲得、グループに慣れて頂くことを目指します。プログラムに参加できなくても、「通う」ということが大切です。

2. 維持期
月・火・水・木・金の週5日参加となります。色々な専門療法、グループ活動を通して困った時の対処法、余暇の楽しみ方、実際の就労場面を想定した課題に取り組んだりします。うまく行かなくなった当時の振り返りや、ORCで学び変わったところ、職場復帰した後の対処法などの自己洞察ができることを目指します。

3. 移行期
ご希望に応じて上司や産業医との面談、医師を含めたスタッフの介入などを行い、具体的な復職予定を決めるなど、復職・就職を控えた時期です。

※フォローアップ
ORC参加中の個別相談や、職場復帰を果たした人向けの相談・談話の場を設けています。

プログラム内容

「教育」「心理」「作業」「運動」「就労訓練」という、5つの目的別プログラムにて構成されています。

担当スタッフ

医師・看護師・精神保健福祉士・作業療法士・管理栄養士・臨床心理士といった、様々なスタッフがプログラムを担当したり、支援を行っていきます。